セルライトに効果的だと評判の「明日葉」の栄養成分やその効果に迫る!

セルライトを発生させない悪化させないためには、脂っこい食べ物や糖分・塩分などを日々の食事の中から控えるというのが基本なのですが、やはりそれだけでは既にできてしまっているセルライトを撃退するには心もとないのも正直な所。

そこで今あるセルライトをどうにかするために、積極的に摂りたい食べ物として美容業界でも最近になって注目されているのが「明日葉」という一般にはあまりなじみのない食材です。

このページでは、この明日葉がなぜセルライトに対して有効なのかを中心に情報を紹介していきたいと思います。

そもそも明日葉ってなに??

明日葉とは、日本原産で八丈島・伊豆諸島・紀伊半島などの地に古くから自生しているセリ科の植物で、1メートル前後まで育ちまた名前の由来が「今日詰んだとしても明日にはまた葉を出す=明日葉」というぐらい、強い生命力・繁殖力に溢れた植物です。

そのような特徴がありますので、含まれる成分も豊富で非常に栄養価の高い食材なので昔から食用の野菜として調理されてきただけでなく、民間療法に用いたり漢方薬の原料になるなど幅広い用途があるとして重宝されてきました。

明日葉の味に関しては独特という一言がふさわしいと思いますが、苦味と酸味が強くクセがあるのですが、身近なところで近い食材を敢えて言うなら「ゴーヤ」や「三つ葉」といった感じでしょうか。

そのような明日葉の個性のある味は、人を選ぶというか正直まずいと思う方も少なくはないと思いますが、料理の際にはその独特のクセを抑えるために天ぷらや卵とじにしたり、またはシンプルにおひたしにするなどの調理法が人気で、さらに「良薬口に逃し」ではありませんが最近ではいろいろな青汁の原料にも使用されるなど、健康食品としても幅広く用いられています。

注目の成分「カルコン」について!

そんな明日葉の具体的な栄養成分なのですが、

・食物繊維
・各種ビタミン
・カリウム
・鉄分
・クマリン

などの成分が豊富に含まれているのですが、その中でも特に注目したいのががポリフェノールの一種でもある「カルコン」という成分で、これは他の植物や食品にはほとんど入っておらず、明日葉にしか含まれていない独自の栄養成分です。

このカルコンは、明日葉の茎を切るとその断面から染み出てくる黄色の汁にたくさん含まれいるところから、「黄金のポリフェノール」と呼ばれており、そもそもポリフェノールというのは、アンチエイジングに有効的な抗酸化物質である「プロアントシアニジン」という成分が含まれいます。

そんなポリフェノールの一種であるカルコンには、摂取することで血管拡張作用によって血液・リンパの循環を活性化してくれるという働きがあるので、余分な脂肪を分解して老廃物を効率的に排出してくれるということで、セルライトの改善に高い効果が期待できると共に、デトックスやダイエット目的として明日葉を摂取することは大いに役立つでしょう。

また先述していますが、水分代謝や老廃物を流す効能があるカリウムも豊富に含まれていますので、セルライトの大元の原因になっているむくみの解消にも効果的ですので、これらの要素も含めてどうしたらセルライトを減らすことができるのか頭を抱えてお悩みの方には、強くおすすめの食べ物だと言えるでしょう。

明日葉を摂取することでの副作用や何かしらのリスクはある?

また明日葉を食べることによる副作用やリスクに関してなのですが、昔から食べ物として広く消費されていた歴史がありますし、数多くの健康食品の原料にもなっていますので極めて安全かつ人体に有害な物質なども含まれていませんので、摂取することによって重大な副作用の症状が出ることはありません。

ただし一度に大量に食べるような過剰摂取をしてしまうと、明日葉の中にある「フロクマリン」という成分が、光過敏症や皮膚炎といった症状を引き起こしてしまう可能性があることと、便秘や軟便になってしまうケースも見られるようです。

ただこれはあくまでも考えられないような大量摂取をしたことによるもので、一般的な食品ですので毒性もないですし通常の食事量・摂取量であればこのような症状が発生することはまずないでしょう。

後これはリスクに関することではありませんが、とは言っても明日葉はそこまでポピュラーな食材というわけではないので、買いたいと思ってもスーパーなどで手軽に購入できないケース考えられるでしょう。

そういった場合は、ネット通販でも明日葉単体はもちろん粉末状の物やサプリメント・お茶・青汁など、今や明日葉を原料とする様々な商品が販売されていますので、入手に関しても大した問題はないでしょう。

<より効率的に手っ取り早くセルライトを解消したい方へ!>

→ 【1回でも効果的!】セルライト解消におすすめなエステ体験コースランキング


関連コンテンツ

このページの先頭へ