EMSマシン

EMSは電気信号を体に当てて刺激することで筋肉を強制的に収縮させることで、電気を当てた部位は激しい運動をしなくても引き締める効果がある優れモノです。

このEMSなのですがもともとは、医療現場において病気をしている方のリハビリや運動が困難な高齢者の為に使用されていた医療機器だったのですが、開発・研究によって近年ではエステサロンのような美容業界でも積極的に取り扱われるようになりました。

そして今では、テレビやインターネットの通販でも様々な種類の家庭用EMSマシンが売られるぐらい一般的に広く認知されており、また数多くのエステサロンでも痩身コースの仕上げとして使用されています。

<効果・メカニズム>

施術はEMSマシンを痩せたい部位に装着して、マシンのパッドを通じて中周波~高周波の電気信号を送り、筋肉に直接刺激を与えて鍛えていくという方法になります。

エステで使用される業務用マシンは、先述した家庭用EMSよりも鍛えられる範囲や強度が異なり、中には30分で腹筋600回相当に当たる刺激を与えることが可能なものもあるぐらいです。

EMSに関して何の知識もない方は筋肉を鍛えるということで、使用することによってボリュームのある筋肉質な体になるのではと不安な方もいるかもしれませんが、マシンで鍛えられる筋肉というのはインナーマッスルに限られていますので、余分な脂肪を引き締めて女性らしい体のラインを作り上げるサポートをしてくれるのでその点は安心して下さい。

一番よく使用される個所はやはりお腹周りで主に腹筋を鍛えるのですが、それ以外でも太ももや二の腕などパッドが取り付けられる箇所にはどこでも使用することができ、施術の際は寝ているだけで効率的に脂肪を燃焼させて部分痩せを行うことができ、ダイエットはもちろんセルライトの解消にも効果的です。

1度の施術において20~30分程度の時間をかけて行われ、基本的にはEMS単体のコースというのはあまりなく、痩身機器やハンドマッサージなどで脂肪を燃焼させてから、そのラインを定着させるために引き締め目的としてコースの中に組み込まれていることが大半です。

<副作用・デメリット>

マシンの強弱によって異なりますがピリッとした痛みを伴う場合があり、刺激に敏感な方は少し辛いと感じることもあることと、電流の刺激が肌に合わずかぶれてしまうケースもあること、また慣れていないうちや施術する部位によっては軽い筋肉痛のような症状になる方もいます。

そして通常の筋トレも3ヶ月は行わないと筋肉が付かないように、EMSでの引き締めも継続して行わないといけないので即効性はないということ、また筋肉は鍛え続けないと衰えるのは当然ですので、鍛えた後も堕落した生活をおくってしまうと元の体型に戻ってしまう可能性は高いです。

後これはデメリットというと違うかもしれませんが、最近ネット通販やテレビショッピングなどでしきりに宣伝されている家庭用のEMSマシンに関してなのですが、やはりエステサロンで使用されているような筋肉の深部を刺激してくれる業務用のEMSマシンとは違い、家庭用の物は事故やトラブルを避けるために出力が低めで細かい調整もあまりできませんので、購入して使用したとしても実際のところは浅めにある筋肉にしか刺激が届いていない商品が多いということで、業務用のような効果が期待できるかというとこれは大いに疑問が残ります。

<EMSマシンを体験した方の口コミ・評判など感想一覧>

EMSマシンのケアを受けた次の日は大抵筋肉痛になってしまいますが、なんだかんだでちゃんと引き締めてくれますし、自分でやる筋トレではこうはいきません。

ピリピリした刺激はあるけど、部分痩せを狙うコースの最終仕上げにはやっぱり外せないもの。基礎代謝を上げる効果も期待できるらしいので、リバウンドの防止と痩せやすい体質に導いてくれていると信じています。

マシンやマッサージでの痛さは全然我慢できるのですが、これだけは私に合わないのかいつも凄く辛い思いをしてますし、口コミサイトを見てもEMSによる刺激が嫌という人の声は結構多いですよね。

以前受けた痩身のお試しコースでEMS機器でのケアを初体験。寝ころんだままでグイグイと奥の筋肉を刺激してくれるのが手に取るようにわかりますし、そのおかげかお試し1回でウエストが2cmも細くなったのでやっぱり良い物なんでしょうね。

痩身エステに通いながら、自宅では通販で購入した家庭用EMS機器も使っていますが、エステサロンで使う業務用のマシンとは選択できる周波の数や出力が全然違うみたいで、やはり引き締める力や得られる効果は家庭用のものとは段違いです。


このページの先頭へ