ほうれい線の解消におすすめなエステの体験コースランキング

【ラパルレ】コラーゲン美顔術(60分3,000円)

ラパルレのコラーゲン美顔術は、「角質除去」「コラーゲン生成」「リフトアップ」という3つのアプローチを徹底的に行うことで、年齢肌に抗うアンチエイジングの方法として、ラパルレのフェイシャルエステの中でも集大成ともいえるエステコースです。

普段のスキンケアでは取り除けないほど奥に詰まっている汚れを、専用スチームで掻き出して肌の凸凹を滑らかにして、ラジオ波の振動で摩擦熱を発生させている最新のオリジナルマシンでコラーゲンを促し、熟練スタッフによるハンドケアで頬のたるみや贅肉を除去し、顔全体の皮膚を上手にリフトアップさせていきます。

お試し料金として3,150円という価格で受けられるこのコラーゲン美顔術は、34年間エステ業界のトップに君臨するラパルレの経験と技術が凝縮されており、1回施術を受けただけでも「ほうれいせんが薄く、目立たなくなった」と劇的な効果を感じている方も多数見られるくらい、即効性と確かな結果をもたらしてくれるでしょう。


【スリムビューティーハウス】よくばり美顔コース(60分3,000円)

スリムビューティーハウスのよくばり美顔コースは、最初にエステティシャンと入念なカウンセリングを行うことで、体験者の悩みにあったカスタマイズな施術を行ってくれる部分が評判で、幅広い悩みに対応しそれらを集中的にケアしてくれるエステコースです。

3ステップで毛穴の汚れや角栓を落とした後、血の巡りや顔のツボを熟知したスタッフによって顔の筋肉をほぐすトリートメントを行い、次に光フェイシャルと顔の筋肉を強制的に動かすEMSによってケアしながら引き締めていき、さらに特許製法の美容マスクによって有効成分を浸透させて整えます。

このよくばり美顔コースでは、それぞれの悩みによって他の施術サービスを組み合わせることができたり、美容マスクを無料で貰えたり、コース終了後にもビューティアップアドバイスとして日常でのケア方法を教えてもらえたりと、老け顔を作る代表格ともいえるほうれい線を少しでも薄くしたいと思っている方は、多くのメリットを受けることのできるお試しコースなのは間違いありません。


【エルセーヌ】造美顔コース(70分3,150円)

エルセーヌの造美顔コースは、重力に逆らえないたるみや老けた印象を持たれてしまうほうれい線に対して集中ケアを行ってくれることで人気かつ、エルセーヌの中でも定番になっているエステコースで、初回は3,150円と気軽に受けられる価格になっています。

まず、血流をアップさせるために全身を温めてから肌内部の汚れや角質を除去、次に栄養を効率よく与えるために頭皮のツボをマッサージしてから、プロのエステティシャンによるゴリゴリとした造美顔トリートメントを行ってリフトアップさせ、独自のマシンを使って顔の表情筋を動かして鍛え、仕上げには高濃度の美容マスクで整えます。

特にドラマティックフェイシャルとも呼ばれるエルセーヌのハンドケアは、通常とは違う刺激と引き上げ効果を持つとして業界内でも非常に高い評価を受けている技術ですので、ほうれい線をピーンと伸ばして薄くすることや皮膚の段差をなくすためなのは当然で、その他の年齢肌に悩まれている方も一度は受けておいて損はない体験エステの1つでしょう。


【たかの友梨】水光美肌トリートメント(50分8,000円)

たかの友梨の水光美肌トリートメントは、顔だけではなく肩や背中などにもアプローチすることで自然で若々しい表情を作り出すというフェイシャルコースで、業界でも屈指の技術と歴史を持つたかの友梨の最新の技術がふんだんに組み込まれていながら、お手軽な値段で受けられることのできるお試しエステです。

具体的に行われる60分間の施術内容を紹介すると、頭皮に美容ローションを垂らした状態で超微粒なスチームをかけて温めていき、コリや重くなってしまっている肩・肩甲骨・背中・頭蓋骨など入念にハンドメイドケアを行い、顔と繋がっている頭皮のツボに刺激を与えて血流を良くさせながら引き上げていき、顔にはリズムの良いハンドテクニックを駆使することで肌本来の元気さを引き出してくれます。

またコースの仕上げには、たっぷりと美容液を含んでいる高密着性のコラーゲンマスクをすることでお肌を保湿して潤いを与えていきます。またフェイシャルの効果を継続させるための普段からのケア方法や対策の仕方をちゃんと教えてくれますので、どうしても他人から老けて見えてしまう濃いほうれい線をどうにかしたい方には大いに役立つことは間違いありません。


【ソシエ】シークレットD(60分6,300円)

ソシエのシークレットDは、個人レベルのスキンケアだけでは行えない「骨」「筋肉」「肌」をプロの技によって刺激していき、引き締まったメリハリのある顔を作ってくれるということで評判の体験エステです。

まず肩や首の個所をほぐすトリートメントを行ってから、後頭部・顔・側頭部などを手業を駆使してほっぺの肉を引き上げていき、その後に皮膚のクレンジングをしてから歪んでしまっている顔の骨を内側へと整えていきます。

さらにデコルテ付近へのドレナージュや仕上げのマスクなど充実した内容になっていますし、肌だけでなく骨と筋肉を刺激していきますので、くっきりと深いほうれい線を消す目的で受けたとしても、かなり効果的なエステコースであることは間違いありません。

ほうれい線ができてしまう主な原因について

年齢よりもかなり老けて見える理由のNo.1としてよく上がるのがほうれい線で、小鼻の横から口元・顎の外側にまで向けてシワのようにくっきりと刻み込まれてしまう消えない深い線は、女性にとって永遠の課題であり絶対的な宿命のライバルと言っても過言ではないでしょう。

これらをファンデーションやチークで何とか目立たないように隠そうとしても、ほうれい線がある部分というのは基本的にへこんでしまいがちなので、そのへこみが影となってメイクで上手に隠すことも難しく、そして実際にこのほうれい線がある人とない人とでは5歳以上の年齢差を感じさせてしまうぐらい、他人からは明らかに疲れて見えたり老けた印象を持たれてしまいます。

さらにそれ以降もスキンケアを怠るなどでそのまま状態を進行させてしまうと、いわゆる典型的なブルドッグ顔になってしまう可能性が高くそうなるとより悩みは深いものになるでしょう。

このほうれい線ができる理由は、やはり加齢することによる様々な身体の衰えが深く関係しているのですが、それでは具体的に気になりだすのはいつからというと年齢的にはアラサー~40代くらいにかけて徐々に目立つようになり、そしてそのラインもだんだんと濃いものになってくるのが一般的です。

ただし人によっては、中学生・高校生など10代~20代の若い方でもほうれい線の跡がくっきりとでてしまっている方も少なからず存在し、特に昔から丸顔でもともとほっぺの肉付きが良く、顔だけでなく体にもプヨプヨした脂肪が付きやすいような方は、年齢に関係なく高確率でできるともされています。

それではこのほうれい線なのですが、先述したようにやはり老化による様々な衰えが深く関係していることは間違いないのですが、今はまだ大丈夫だと感じている方でも日常で荒れた生活をおくりながら油断していると、ある朝鏡で自分の顔をチェックした時に「これはやばい!」と感じてしまうぐらい、突然何の前兆もなく以前はなかった溝のような段差に気づいてしまうといったように、いきなり発生しているということも少なくないのです。

そしてそのできてしまったラインが深く目立つようになった状態から、このほうれい線をなくすにはどうすればいいのかと調べたり、どうにかしたいからといってそこから自力で消すためのお手入れをいくら頑張ったとしても急に解消するというわけでもありませんので、「もう若い頃のような顔に戻らないのか」と嘆くような状況になってしまう前に、今はまだ良くても普段から注意してしっかりと予防していく必要があるのです。

それではその普段からの予防をするために、なぜほうれい線ができるのかその主な原因を知る必要があるのですが、やはり一番大きな原因は加齢によってお肌の弾力やハリを司っているコラーゲンなどの成分量が減少してしまうことで、これは自然な老化現象としてある程度はどうしようもないところがあるのですが、やはりほうれい線の元になる頬のたるみを引き起こしてしまいます。

また年齢による表情筋の衰えも見逃せない原因の1つで、具体的に説明するとこれは口角を上に引き上げる「大頬骨筋」、上唇を上に引き上げる「大頬骨筋」、上唇と鼻翼を引き上げる「上唇挙筋」、口を閉じたり尖らせたりする「口輪筋」、笑った時に唇周辺のえくぼを作る「笑筋」などといった、様々な表情筋が大きく関係しています。

そしてこれらの表情筋は加齢によって自然と衰えてしまうことももちろんなのですが、それに加えていつも姿勢が悪く頭が前に落ち気味の方や、普段から真顔であまり笑わないで表情に乏しい方なども、これら顔の筋肉が衰えやすく歪みもでやすいので、それだけほうれい線ができやすい人の特徴となりますので日頃から表情や姿勢にも注意が必要です。

その逆に、常に背筋を伸ばして姿勢を良く保つことや、よく笑うようにして表情豊かにすることはもちろんほうれい線の予防にも繋がりますので、これらは本人の自覚次第で今すぐにでも即効で改善することができますので、心当たりのある方はできるだけ努力することをおすすめします。

さらに他の理由なのですが、これはほうれい線だけに限らず全ての肌トラブルと関係しているのですが、肌の水分量の減少・バリア機能の低下・ターンオーバーを乱すことなどに繋がる、乾燥や紫外線といったところも深刻な引き金となりますので、ここは基本的に注意して小まめな肌の保湿や、日中外出する時の日焼け対策はしっかりと行うよう心掛けましょう。

そしてお肌に引き起こる現象ですので、もちろん普段の生活習慣とも密接に関わっており、睡眠不足・過労・ストレス・喫煙・バランスの悪い食事など乱れた生活をおくることもNGで、中でも断食など無理のあるダイエットを続けてしまうと、高確率で急激な頬のたるみを発生させてしまうことになりますので、このような過度なダイエットも控えるようにした方がいいでしょう。

このページの先頭へ