目の下のクマ・たるみの解消におすすめなエステの体験コース

【エヴァーグレース】目元ケア徹底コース(1,990円)

エヴァーグレースの目元ケア徹底コースは、他のエステサロンでは受けることができないレベルの、目元に特化した集中的なケアで人気を博しているお試し体験コースです。

ハンドトリートメントとかっさによって目周辺のツボを刺激した後に、さらに日本には数台しか存在しない専用機器で悩みにアプローチ、また「プリズムアイ」という目元導入美容液を1本まるごと目元に導入していきます。

目の下にできてしまうクマは皮膚のたるみや血行不良によるところが大きいので、1万人以上の施術実績のあるエヴァーグレースの目元ケア徹底コースによって疲れ切った顔をすっきりとリフレッシュして、クマやくすみのない輝きのあるすっぴん美肌を引き出してくれることは間違いありません。


【エルセーヌ】光フェイシャル浄化・極みコース(90分2,100円)

エルセーヌの光フェイシャル浄化・極みコースは、最先端のマシンを使用することに定評のあるエルセーヌ独自の光フェイシャルとして、今までの体験者数が45,000人以上という実績を誇る、超人気のお試し体験コースです。

具体的には、血行を良くするためにイオンパックで全身を温めてから背中のリンパを流し、美容成分をたっぷり含んだシートを顔に付けながら光フェイシャルをすることでコラーゲン・エラスチン・ムコ多糖類などの生成を促し、角質除去と保湿パックを施してケアという内容になっています。

シミ・シワ・目の下のクマや色素沈着・ニキビなど、個人個人の悩みに合わせた光を当ててケアができるということで、柔軟かつ即効性も期待できるということで、エルセーヌが用意している数多くの格安キャンペーンの中でも長期間にわたって絶大な人気を得ているお試しコースです。


【シーズラボ】メガ導入リフティングコース(120分7,350円)

シーズラボのメガ導入リフティングコースは、体験コースとして他のエステのものと比較すると7,350円は少し高価な感じもするのですが、実際に施術を受けた方からは非常に評判の良い充実した内容となっています。

具体的には、まずマイルドなフルーツ酸によるピーリングで角質や汚れを取り除き、顔はもちろん肩や首などの様々なツボをリフトアップさせながら刺激して血行を促し、独自のローラー型の器具を用いてボトル1本分のコラーゲンやヒアルロン酸をメガ導入していきます。

そして仕上げにはミネラル成分を豊富に含んだ海藻パックによって、細胞修復と引き締めを行ってくれコースは終了なのですが、体験エステとしては長時間の120分間という施術が受けられるということで、体験者の方にはクマが消えただけでなく目元にできるシワやたるみに対しても劇的に働きかけ、若返りを果たせるお得なエンジングコースです。


【スリムビューティハウス】よくばり美顔コース(60分3,000円)

スリムビューティハウスのよくばり美顔コースは、1人1人の悩みに合わせて効果的なスペシャルケアをしてくれるという体験コースで、あらゆる肌トラブルに対応しているということで、口コミサイトなどでも高い評価を得ています。

基本的な施術内容は、皮膚の奥にある頑固な皮脂や汚れをクレンジングしてから、東洋美容の知識を生かしたハンドケアで顔の筋肉を刺激し、美容成分をたっぷりと含んだパックをしながらEMS機器と光フェイシャルによって引き締めとケアを同時に行います。

こちらのコースでは、リラックスしながら弾力やハリのある美しいお肌に導いてくれるための方法がしっかりと詰め込まれていますし、また終了後に普段のスキンケアのやり方や疑問点についてプロのセラピストが気軽に相談にのってくれるという点においても、安心感と説得力のあるエステコースなのは言うまでもありません。

目の下にクマやたるみができる具体的な原因と改善のためのケア方法

「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、目元というのはその人の第一印象に大きく関わるほど外見において重要なパーツなのですが、その大事な目にシワやクマやたるみがあるだけで、他人に与えてしまう印象というのはガラッと変わります。

特に目の下のクマは確実に疲れて見えるので不健康そうですし、それだけで顔色もくすみがちに見えてしまって実年齢よりも5歳以上は老けて見えるなどひどいくらい何も良いことはなく、実際クマが慢性的にずっとある方でこれをどうにかしたいと深刻に悩んでいる人は多いでしょう。

このクマがなぜできるのかそのメカニズムを説明すると、加齢による老化現象で起こる皮膚のたるみなどは大きな理由の一つなのですが、そもそも遺伝的なもので生まれつき小さい頃からクマがあったり、子供~学生など10代の若い方でも発生するように何歳からでき始めるというようなものでもなく、また生活環境の変化によって急にクマができてしまうようなこともあります。

この目のクマは、シワやたるみ以上に一度できてしまうとなかなか消えない頑固なものかつ、その人の容姿の劣化に直接関係するやばい現象でもあり、また美容外科・皮膚科などのクリニックに行って専門医による治療・外科手術などで治す以外には、すぐ消すことができる即効性のあるケア方法が確立されていないことも大きな悩みの種です。

それではこちらでは、目の下のクマや目元のたるみができる原因と、普段やっておきたい自己ケアによる改善の方法を簡単に説明していきたいと思います。

<原因>

・色素沈着
通称で「茶クマ」と呼ばれており、目元の皮膚のメラニン色素がシミのように沈着している状態で、この主な原因としては直射日光に含まれる紫外線を浴びることでのダメージや日焼けによって起こるトラブル、またしっかりと落とし切れていないファンデーションやアイメイク、また頻繁に目をこするクセがあるなども茶クマの原因につながっています。

・目の周りの血行不良
通称「青クマ」「赤クマ」「紫クマ」などと呼ばれており、これは目元の薄い皮膚から毛細血管が見えてしまっている状態で、主な原因は睡眠不足やストレス、日々の運動不足、酷使しすぎることでの疲れ目・眼精疲労、また冷え性で体の血流が悪く目元をうっ血させてしまっていることが関係しており、普段から目の下が青っぽかったり赤紫色で腫れぼったい目をしている方に多いのがこちらになります。

・肌のたるみやへこみ
通称「黒クマ」と呼ばれており、加齢によって目元の皮膚や脂肪がたるんでしまったり、目の下を支えている筋肉が弱くなってしまうことで、くぼみやへこみができてしまうことがこの黒クマの原因になっており、また目元にできたシワの影が黒いクマになることもあります。

それでは、これらの目の下のクマをスッキリと解消して透明感を取り戻してさらに若返りをするために、普段から心がけたい簡単な方法を紹介していきます。

まずこれはクマだけでなくお肌のハリやツヤなどとも深い関係があるのですが、何はともあれ寝不足を避けるために毎日の睡眠をちゃんととって皮膚の新陳代謝を促すようリフレッシュすることが肝心で、眠る時間帯としてはできれば肌のターンオーバーが活発に行われる22:00~02:00の「美肌のゴールデンタイム」と言われている時間帯に、規則正しくしっかりと毎日寝れるようにできればベストです。

他に目は常にまばたきをしている箇所で、目の周りは体の中でも乾燥しやすい部分かつ薄く非常にデリケートなので、今あるクマを消すには化粧水・美容液・クリームなどの各種コスメでしっかりと保湿しながらお手入れをすることは当然ながら、このスキンケア時も力を入れて刺激しないよう優しく塗るようにすることが重要で、間違ってもゴシゴシと強く擦ったりするのは絶対に厳禁です。

また上記において、まばたきを多くしてしまうと目元の乾燥につながると解説しましたが、特に普段からコンタクトを付けている方は慢性的なドライアイになりまばたきの回数が多くなるのでその分注意が必要で、この対策としてはコンタクト用の目薬を小まめに差すことで目の潤いを保ちドライアイになることを防ぐことや、帰宅直後や休みの日にはコンタクトを外してできるだけ目を休ませることは、疲れ目の対処法にもなります。

そしてこれは特に朝起きた時におすすめの方法で、昔からある慢性的にひどい状態のクマでない限りはある程度の即効性が期待できる方法なのですが、血行を促進させて目元を引き締めるために、目の周りに蒸しタオルを30秒ほど充てて温めること、そしてその後は冷たい冷水で冷やすというのを1セットとしながら、時間に余裕のある方は2~3セット繰り返すとかなり効果的に引き締めることができます。

さらに夜寝る前には、両手の薬指を使いながら目の内側~外側へ優しく押し出すように刺激していくと同時に、目の周りを円を描きながら周回していくマッサージがおすすめで、ポイントはリラックスしながらやはりゴリゴリと力を入れないこと、またクリームを付けて伸ばしながら極力摩擦を減らすようにしてあげるとよりベターです。

またカシスに含まれるアントシアニンというポリフェノールの一種は、老化防止の栄養成分として最近評判になっており、血流を良くさせてクマ改善の効果もあるという口コミも多数みられますので、クマをなくす方法としてはもちろんアンチエイジングの一貫として、栄養バランスの良い食事と共にカシスサプリメントを飲むというのも一つの有効な手段でしょう。

以上が、簡単にできる目の下のクマやたるみの対策方法なのですが、このどれもが短期間で劇的にクマをなくすというような方法ではなく、どちらかというと今より少しでも薄くすることやこれ以上悪化しないために継続して行うお手入れという意味合いが強いです。

ではどうしたら消えるのかについてある程度の即効性や適切な処置で治すのであれば、やはり病院やエステなどでそれ専用の施術を受けないと、自己ケアだけで完璧には治らない可能性の方が高いことは間違いないでしょう。

このページの先頭へ