悩みだった吹き出物には石膏パックが効いた【23歳OL・A美さん】

自由だった学生時代とは違い、社会人になってから仕事や人間関係のストレスと不規則な生活によって、今までは無縁だったのに急に顔に吹き出物が出来るようになってしまいました。

それはポツポツと頬に出来ることが多いのですが、時には小鼻の周りに白く化膿した物ができてしまうと、困ったことになかなか治らないですし、おまけに腫れてしまっているので、触るとかなり痛いですしこれにはすごく困っていました。

顔の吹き出物というのは非常に目立ちますしメイクで隠すにもしても限界がありますので、仕事に行っても「どうしたの?」とか聞かれて恥ずかしいので、早く治って欲しい一心で市販の化膿止めなどを使っていましたが、それでも一向に完治する感じはありませんでした。

そんな時、知り合いがエステのフェイシャルの無料体験に行ってきたところとても良かったと話していたのを思い出して、今までの自分とは無縁だったエステに思い切って自分も行ってみることにしたのです。

本当に初めての経験だったので行く前はかなり緊張しましたが、担当者の方はとても親切丁寧な感じで、フェイシャルの体験をしている間なんかもとてもリラックスできて気持ちが良かったので、体験だけで終わらせるのではなく少しの間続けてみようと思い、その場でコースの申し込みをしました。

そこで行われるフェイシャルは、スチームやマッサージなど色々な方法でお手入れをしてくれるのですが、その中でも私が一番気に入って効果があったと思うお手入れが、石膏パックでした。

石膏は美術に使う例のアレなのですが、その石膏の粉をお湯でといてドロドロにした状態のものを顔にのせてパックしていくのです。

もちろん目と鼻は除いてですが、ドロドロの石膏は固まっていく過程で熱を発するようで、その熱が詰まっている毛穴を開いて内部の毒素を出す働きがあるということで、パックにとても効果があるそうです。

実際に顔の上で石膏が固まっていくとだんだん重くなっていくのと同時に、発熱して肌がじんわりと温かくなってくるのが分かりますので、その感覚がとても気持ち良かったのです。

例えるなら、丁度タオルのスチームパックをしている様な感じですかね。

石膏は固まると自然に冷えるのでそこでパックは終わるのですが、固まった石膏を顔から外すと自分の顔型になっていて、これは不思議な気持ちになりました。

そしてパックが終わったお肌はツルツルスベスベで、必ずきめ細やかな真っ白なお肌になってくれるので、そのお陰か社会人になってからの悩みだった吹き出物ともおさらば出来ましたし、その吹き出物のせいで余計に感じていたストレスも軽くなってとても良かったです。

関連コンテンツ

このページの先頭へ