痛みと内出血に耐えられず通うのを止めた【35歳家事手伝い・Kさん】

私は生まれて初めて行ったエステでハンドマッサージの施術を受けた結果、下半身が酷い内出血を起こすという悲惨な目に遭ったので、それ以来エステに対してはあまり良い印象を抱いていません。

当時、会社の広報として働いていた私は、商品のデモンストレーションとしてPRイベントなどで司会を行なったり、キャンペーンガールのコスチュームを着て販促業務を行なう業務に就くことが多く、特に夏場に入ると露出の多いセパレートタイプのコスチュームを着ることもありました。

そういった仕事上の都合もあって日常的にダイエットを行なってはいたのですが、自分の力ではお腹周りと太ももの贅肉をどうしても落とす事ができず、「このままでは駄目だ!」と思い、そこで人生初のエステ通いを決意したのです。

私が行ったエステでは、ドームとハンドマッサージによる脂肪のもみ出しメニューを行なってもらうようにしたのですが、このハンドマッサージがとにかく痛い!

お腹周りに関してはまだなんとか我慢できるレベルですが、太ももの内側に至っては思わず「痛い!」と、叫んでしまいそうでした。

施術中にも「結構強めにするんですね」とさりげなく抗議してみたのですが、担当者に「セルライトを分解するためにはこのくらいの力が必要」だと言われ、エステが初めてだった私はプロがそう言うならとその場は一旦納得してしまいました。

しかし驚いたのはその夜、お風呂に入ろうと服を脱いだ瞬間です。なんとお腹周りや太もものいたるところが広範囲に渡って、内出血や痣になって紫色に変色していたのです。

翌日、すぐにエステに電話し内出血していた事を伝えましたが、返ってきたのは「お客様によってはよくあること」という事務的な返答でした。しかも、施術中にできた内出血なら数日中に消えるので問題ないとまで言うのです。

その時は「本当に大丈夫だろうか?」と不安だったのですが、そのスタッフの方の言う通り内出血は4日ほどで消えたのでその後もエステには通い続けました。

しかし、ハンドマッサージによってセルライトが分解されていくにつれて徐々に痛みもなくなるかと思えばそうでもなく、毎回の施術において我慢できないぐらい相変わらず痛かったですし、終わった日の夜にはやはり内出血を起こしてしまうのです。

エステに通い始めてから3か月経ってもそのような状態が続いたので、さすがに私もこのままエステを続ける気になれず、結局は最終的に通うのを止めてしまいました。

高いお金を払って通っていたので勿体ないとは思いますが、あんな痛い思いをするのはもうこりごりです。

関連コンテンツ

このページの先頭へ